図や写真のテクニック
7
グラフを作成する

一太郎の「グラフ枠対話作成」から「JSグラフ作成ツール」を起動し,用意されたサンプルからグラフを作成し,文書に挿入します。
「グラフ枠対話作成」からグラフを作成する
[挿入]→[絵]→[グラフ枠対話作成]を選択する。



[グラフ枠の作成(対話作成)]ダイアログボックスが表示されたら,グラフ基準を選択し[サンプルデータで作成]をチェックし[OK]をクリックする。



グラフの始点でクリックし,そのままドラッグしてグラフの大きさを指定する。



作りたい種類のグラフを選択し,[進む]をクリックする。



グラフの書式を選択し,[進む]をクリックする。



必要に応じてタイトル等を入力する。



グラフが指定した位置に挿入された。



● グラフ以外の部分をクリックするとグラフモードが解除される。
● グラフをダブルクリックすると,グラフモードに切り替わる。

[データ]メニューから[データ編集]を選択する。



[データ編集]ダイアログボックスが表示されたら,データの数値を編集して[OK]をクリックする。



グラフの内側をクリックして図のような選択状態にする。



[書式]→[図形属性]をクリックして,[線種]を選択し[線を表示する]のチェックをはずし,[OK]をクリックする。



グラフモードを解除し,[表示]→[印刷イメージ]に切り替えると,周りの枠線が表示されず下のようになった。