www.vis-ta.com  vis-ta.comはWindowsVistaを応援しています。
 
ビデオ編集ノウハウ >>> 基礎知識 | 映像を取り込む | 映像の編集 | 映像の出力 >>> DVD作り方 | PhotoCinema
 
トップ > ビデオ編集ノウハウ > DVDの作り方
shopインデックス | お問い合わせ・サイトマップ
iconiconMediaStudio Pro 8 VideoEdition 入門セット icon
MediaStudio Pro 8 アップグレード版 《送料無料》 icon
MediaStudio Pro 8 アカデミック版 《送料無料》 icon

MediaStudioPro8には,DVD-Videoを作成するツールとして,「DVD MovieWriter」と「Ulead DVD DiskRecoder」が搭載されています。
チャプタキューを設定する
 VideoEditorでは,DVD-Video用のチャプタを設定するためのチャプタキューが利用でき,設定したチャプタキューはチャプタポイントとして,付属のDVD DiskRecoderとDVD MovieWriterで利用できます。
 チャプターキューは,必ず設定しなければならないということはありません。任意の設定です。また,DVD MovieWriterでもチャプタの設定ができます。
また,DVD規格では1タイトルあたり 99個までしかチャプターを設定する事が出来ないので,チャプターの使いすぎは要注意です。

DVD MovieWriterオーサリング機能を利用し,メニュー付きのDVD-Videoを作成する。
Ulead DVD DiskRecoder
オーサリングせずに,簡単にDVD-Videoを作る。
DVD-Videoに対応したMPEGファイル
フレームレート 日本で扱われるDVD規格では使用されるMPEGファイルのフレームレートは「29.97fps」である必要があります。 (ヨーロッパ圏の規格では,25fps)

ビットレート DVD-Videoでは映像と音声及び,DVDで使用されるデータの合計が 10.08 Mbps(10080 kbps) 以下である必要があります。
このうちDVD化する前の映像及び音声のデータの合計は 9848 kbps 以内に収める必要があります。
 



Media Studio Pro8 では,ビデオ保存オプションの「全般」タブでフレームレートを決定できます。

フレームタイプは「上位フィールドから」または「下位フィールドから」を選択します。

HDV形式のビデオファイルの場合は,フレームサイズは「1440×1080」が標準となります。表示アスペクト比は16:9に設定しましょう。


ビデオ保存オプションの「圧縮」タブでビデオデータレートを決定します。「データレート」は1秒間のデータ量のことで,この数値が大きいほどデータ量が多くなり,高画質な映像になります。

「詳細」をクリックして,さらに細かい設定をすることもできます。

固定ビットレート」は「CBR」とも呼ばれ,全てのフレームに対して均一な圧縮率で映像を圧縮(エンコード)します。これに対して「可変ビットレート」は「VBR」とも呼ばれ,動きの激しい部分では圧縮率を低くし(ビットレートが高くなる),動きの少ない部分では圧縮率を高く(ビットレートが低くなる)して映像を圧縮します。これによって,高画質でありながら効率のよい圧縮ができるようになります。
DVD音声の仕組み
 DVDビデオ規格では,音声はLinear PCMDolby DigitalMPEG-1 Audio Layer 2の3種類のいずれかになります。
Dolby Digital音声はac3MPEG-1 Audio Layer 2はmp2と呼ばれることもあります。)

DVD規格では,NTSC(日本・アメリカ圏の放送仕様)PAL(ヨーロッパ圏の放送仕様)の2つに分かれます。
>>> NTSC <<<
 NTSC圏ではDVDディスクへ収録する音声は,「Linear PCM」もしくは「Dolby Digital」のどちらかが収録されていることが必要です。
MPEG-1 Audio Layer2」はDVD規格のオプションとなっており,旧型のDVDプレイヤーなどでは再生できません。MP2音声のみが収録されているディスクの音声再生が出来ないプレイヤーとしてはプレイステーション2の初期型でDVDプレーヤーをアップデートしていない物,DVDプレーヤー販売初期に発売されたDVD再生機器,カーナビゲーションシステムに搭載されているDVDプレーヤーの一部などがあります。

>>> PAL <<<
 PAL圏ではDVDディスクへ収録する音声は,「Linear PCM」,「MPEG-1 Audio Layer 2」,「Dolby Digital」のいずれかが収録されていることが必要です。(1997年以降「Dolby Digital」のみの収録も認められています。)

● 現状としては,NTSC圏のDVDプレーヤーの多くは必須とされているLinear PCM 音声、及びDolby Digital 音声が未収録の場合でもMP2音声が収録されている場合は音声再生は可能となっています。
 DVDプレイヤーをAVアンプなどに接続し,5.1ch環境などでDVDを鑑賞する場合,多くはAVアンプがMP2音声デコードに対応していないためMP2音声では出力されません。この場合はDVD再生機器側の設定にて「MPEG音声をLinear PCMへ変換して出力する」といった項目が備わっている場合,Linear PCMへ変換して使うことになります。


TMPGEncDVDAuthorでDVDを作る
iconicon
TMPGEnc DVD Author 2.0 icon

映像ソースのカット編集からDVDメニューの作成、DVDディスクへの書き込みまで一括で行えるDVD作成ソフト
ベクタープロレジ「第5回プロレジ大賞」プロレジ大賞受賞
DVDの表示の仕方を考える
TMPGEnc DVD Author では従来に比べ,多くの細かいメニュー設定を行うことができます。

1 DVDディスクを挿入します。

2 ファーストプレイ
DVD-Videoの初期再生時に決まった動画を再生するのがファーストプレイです。
  • ファーストプレイトラックは1DVDにつき1つのみ持つことが出来ます。
  • ファーストプレイトラックの再生時は停止ボタン以外の再生・早送り等の操作は受け付けません。
  • ファーストプレイは,設定しなくてもかまいません。
3 トップメニュー
ファーストプレイの後,表示されて待機します。ファーストプレイが設定されていない場合は,DVDを挿入するとトップメニューが表示されます。
トップメニューは,設定しなくてもかまいません。


4 トラックメニュー
複数のトラックの存在するDVDを作成する場合,上位メニューにあたるトップメニューが無い場合に再生互換に問題が出る場合があります。
トラックメニューは,設定しなくてもかまいません。
メニューはテンプレートを利用してもよいし,自分だけのオリジナルメニューも作成可能です。


5 再生方法は4つあります。
@ トップメニューのみを設定する。
A トラックメニューのみを設定する。ただし,複数のトラックが存在する場合,DVDプレヤーによっては正しく再生できない場合があります。
B トップメニュートラックメニューを設定する。
C DVDディスクを挿入したらすぐに再生を始める。

6 トラック再生後の動作設定
左にあるように4つのパターンがあります。
書き出し
 TMPGEnc DVD Author 2.0 では MPEG-2 形式の動画データを短時間で高精彩に圧縮処理が可能なインターコム社製トランスコードエンジンを採用しています。

<トランコードの設定>
DVDメディアに収まり切らないデータ量を1枚のDVDへ高画質に収めることが可能です。
●トランスコードを使用する際の例
・DVD1枚には4.7Gまでしか入れる事が出来ないのに、録画したデータを集めたら5.2Gになってしまった。
・ダブルレイヤー8.5Gのディスクに詰め込むには後少しデータを削らないといけない。
・ディスク1枚ちょうどのサイズでMPEGを作成したが、DVDメニューを作成したらメニュー分がはみ出してしまった。
・TMPGEnc 3.0 XPressで再エンコードするには時間がたりない。

このような場合にトランスコードを使うことができます。

<トランスコードの限界>
 TMPGEnc DVD Author 2.0 の インテリジェント2パストランスコードでは元のデータの40%まで圧縮する事が出来ます。
 (例:10GBのデータを4GBへ)
 ただし、画質などを含めた効率的なトランスコードを行う場合は元のデータの60%を目安に出力を行います。
 (例:10GBを6GBへ)

 TMPGEnc DVD Author 2.0 では元のデータを60%まで圧縮する場合から出力前に警告メッセージを出します。
※警告メッセージ  ・ トランスコードで指定したサイズまで効果的に縮められません
 トランスコード処理で XXXXMB にしようとしましたが、現在のトランスコードでは YYYYMB までしか効果的に縮めることができません。  ZZZZMB まで縮めることは可能ですが、画質が大幅に悪化する可能性があります。

 TMPGEnc DVD Author 2.0 では元のデータを40%以上に圧縮する事は出来ません。
 この場合出力開始時にエラーメッセージを出力します。
 ※エラーメッセージ
 ・ トランスコード処理で XXXXMB にしようとしましたが、現在のトランスコードでは最大で YYYYMB までしか縮めることが出来ません。


左のようなフォルダができます。この2つのフォルダをライティングツールを使って,DVD-Rなどのメディアに書き込みます。
「AUDIO_TS」は空のフォルダです。
「VIDEO_TS」には左のようなファイルが入っています。

Copyright(C)1997. itoben style. All Rights Reserved.