www.vis-ta.com  vis-ta.comはWindowsVistaを応援しています。
 
ビデオ編集ノウハウ >>> 基礎知識 | 映像を取り込む | 映像の編集 | 映像の出力 >>> DVD作り方 | PhotoCinema
 
トップ > ビデオ編集ノウハウ > ビデオ制作のための基礎知識
shopインデックス | お問い合わせ・サイトマップ

〜Windows ユーザーのために〜

基本的語句
【フレームレート】
・ フレームレートは1秒間にどれだけの静止画(フレーム)で構成されているかというものでfpsで表現されます。
・ 日本で使用されているTVはNTSC規格で30fps*、ヨーロッパ等で使用されているPAL規格で25fpsでそれぞれ1秒間に30フレーム、25フレームとなります。ちなみに映画は24fpsです。
 *30fpsはNTSC白黒TVの規格です、カラー化に伴ったデータ量の変化により実際は29.97fpsとなりました。
 フレーム数が多ければ滑らかな再生になりますが,データ量は増えます

【ビットレート】
 動画データの質を決定するもっとも重要な要素です。ビットレートの数値は1秒間に流れるデータ量を表し数値が大きいほど画質が良くなります。ただし,MPEGではビットレートの範囲が決まっているので注意が必要です。

【解像度】
 NTSCのTV画面は,640x480のVGAサイズとほぼ同様です。MPEGのようにVGAの半分である320x240というハーフサイズも使用されます。デジタルビデオでは720x480というサイズが採用されておりPCでアスペクト比を考慮しないと歪んだ画像となってしまいます。
 解像度を変えてもビットレートを変えない限りファイルサイズは変わりません

【コーデック】
 動画データはそのままだと,膨大なデータ量となっていしまうので,データを圧縮する必要性があります。これを行うのがコーデックと呼ばれるものです。
 Microsoft AVI ファイル(.avi) QuickTime(mov.) RealVideo(.rm) MPEGファイル(.mpg) WindowsMediaVideo(.wmv)などです。
 コーデックは圧縮したときに使用したコーデックが再生側のPCにインストールされていない限り視聴することは出来ません。

AVIファイルとMPEGファイル
 同じAVIファイルやMPEGファイルでも,さらに種類(コーデック)がいくつかあります。やはり,再生側にコーデックがないと再生することが出来ません。このため他の人とのファイルのやり取りには注意が必要です。
 以下,簡単にまとめましたので,書き出しの際の参考にしてください。
AVIファイル
【DV type-1】
 ビデオとオーディオデータが1つのAVIストリームとして保存されている。DVテープのオリジナルと全く同じフォーマットで記録されている。利用するにはDV type-1に対応している必要があります。
【DV type-2】
 ファイルは1つだが,内部でビデオとオーディオが分かれた形のAVIストリームとして保存されている。どのようなビデオソフトでも利用することができるタイプ。
 PCで作成した映像ファイルを,ビデオ作成ソフトを使って,DVカメラに書き戻しする際に使われます。
フレームレートは29.29fps,フレームサイズは720×480が一般的です。
MPEGファイル
【Mpeg1】
VideoCDなど,CD-ROMでの映像配布に利用します。
VCDの場合,解像度352×240,ビットレート1000〜2000,フレームレートは適宜。
【Mpeg2】
DVD-VideoなどDVDメディアでの映像配布に利用します。
NTSC-DVDの場合,解像度720×480,ビットレート4000〜8000,フレームレートは29.29fps
ビットレートの目安は次の通りです。
     高画質:8000kbps
     標準画質:6000kbps
     長時間:4000kbps
【Mpeg4】
インターネットなど通信メディアの映像配布に利用します。
 MPEGファイルをコンピュータで再生する場合,Mpeg2とMpeg4は再生側にコーデックがインストールされていないことが多いので注意が必要です。Mpeg1は,たいていのPCで視聴することができます。
固定(一定)ビットレートと可変ビットレート
CBRとも呼ばれ,すべてのフレームに対して均一な圧縮率で映像を圧縮(エンコード)します。
 VBRとも呼ばれ,動きの激しい部分では圧縮率を低くし(ビットレートは高くなる),動きの少ない部分では圧縮率を高く(ビットレートが低くなる)して映像を圧縮します。高画質でありながら効率のよい圧縮ができるようになります。
 ただし,古いタイプのDVDプレイヤーでは,可変ビットレートで圧縮された映像を再生できないものもあるので注意してください。
ファイルの最大サイズ制限
 Windows98やMeでは,ファイル管理システムにFAT32を利用しているため,ファイルの最大サイズは4GBまでという制限があります。この場合,4GB以上の映像データを連続してキャプチャできません。アプリケーションソフトに,自動的にファイルを分割してくれる「シームレスキャプチャ」などの機能があれば,それを使うことになります。
 WindowsXPなどでファイル管理システムにNTFSを利用している場合は,実質的にファイル制限がありません。XPでもFAT32システムを利用していることがありますので確認しましょう。


マイコンピュータディスクアイコンの上で右クリックプロパティ
で,ファイルシステムを確認してください。
このページは,UleadのMediaStudioProの使用を前提に作成されています。


・MPEG-Direct機能により、映像を直接DVD対応のMPEGファイルやWMVファイルに変換しながら取り込み可能。
・キャプチャとファイル変換を同時に行うため、時間とハードディスクの空き容量の節約ができます。
・Video Editorは最高5つまでのビデオ、トランジション、フィルタ、タイトルなどをリアルタイムに再生し、確認することが可能。
iconicon iconicon iconicon iconicon iconicon
MediaStudio Pro 8 icon アカデミック版,他 icon MediaStudio Pro 8
オフィシャルガイドブック
icon
わかるMPEG icon ハイビジョン編集
まるごとガイドBOOK
icon
Copyright(C)1997. itoben style. All Rights Reserved.